九州電力株式会社と電源開発株式会社は、我が国のエネルギー源多様化政策に沿って、海外からの輸入炭を主燃料とする大規模石炭火力発電所を、長崎県松浦市に共同で立地しました。

 当社は、両電力会社の共有設備である港湾・揚運炭設備の管理運用を一元的かつ効率的に行うことを目的として両社グループの出資により設立されました。